年別アーカイブ

  • 1974年(1件)
  • 1975年(0件)
  • 1976年(0件)
  • 1977年(0件)
  • 1978年(0件)
  • 1979年(0件)
  •  
  • 1980年(0件)
  • 1981年(0件)
  • 1982年(0件)
  • 1983年(0件)
  • 1984年(0件)
  • 1985年(0件)
  • 1986年(0件)
  • 1987年(0件)
  • 1988年(0件)
  • 1989年(0件)
  •  
  • 1990年(0件)
  • 1991年(0件)
  • 1992年(0件)
  • 1993年(0件)
  • 1994年(0件)
  • 1995年(0件)
  • 1996年(0件)
  • 1997年(0件)
  • 1998年(0件)
  • 1999年(0件)
  •  
  • 2000年(0件)
  • 2001年(0件)
  • 2002年(0件)
  • 2003年(0件)
  • 2004年(0件)
  • 2005年(0件)
  • 2006年(0件)
  • 2007年(0件)
  • 2008年(0件)
  • 2009年(1件)
  •  
  • 2010年(1件)
  • 2011年(0件)
  • 2012年(1件)
  • 2013年(1件)
  • 2014年(0件)
  • 2015年(1件)
  • 2016年(0件)
  • 2017年(0件)

お気に入りメンバー

[PR]
自費出版 図書印刷同朋舎

ゆきさんが最近登録した自分史(経年順)

  • 生誕~就職(1974年10月9日|0歳)

    母親は1952年生まれ。
    私には3歳年下の妹と更に3歳年下の弟がいる。

    生みの父親は子供を産んですぐに別れたらしく私の記憶にはない。
    その後母親は再婚して妹、弟はその再婚相手の子として生まれている。
    私にとって父親の記憶といえばその育ての父親だけしかない。
    生みの父親が違うというだけでそれ程複雑な家庭環境という訳でもなく
    育ての父親も普通に実の子供のように接してくれていた。と思う。

    育ての父親からはよく暴力は振るわれてたけどそれは悪い事をしたから
    怒られて叩かれたりしただけで多分虐待ではなかったと思う。
    少なくとも理由もなく暴力を振るわれるという事はなかった。
    でも子供心に暴力を振るう親は怖かった。
    余り大きな声を出さなくなったのは親の怒声が怖くて泣きながら小さな声で答えてたのが
    癖になったのかもしれない。
    だから全面的にいい父親だったとは言えない。

    生まれは確か神奈川の座間だったと思うけどその頃の記憶はなく
    物心がついてきたのは同じく神奈川の愛川町というそこそこ田舎なとこぐらいからかな。
    以来高校まではずっと愛川町で育った。
    愛川町には父親方の大家族が比較的近くにありよくそこで遊んだ。
    祖父が可愛がってくれてそれに甘えていた。

    高校の頃に親が離婚した。
    母親は特に頼る人もいなく子供を育てる財力はなかった。
    なので子供は全員父親方の家に住む事になった。
    その後高校の後半頃に母親に子一人分くらいを養うくらいには
    財力ができたのか呼ばれて母親の家に引っ越しをした。

    高校は比較的底辺の高校に通っていたがその中ではそこそこ成績がよく
    大学も推薦で行ける可能性があったが母親は財力がなかったので大学は諦めた。
    といって特に進路も決まっておらずズルズルと職業訓練校に通う事となった。
    その頃また引越しをして今度は少し田舎を脱して同じく神奈川の厚木へと移った。

    職業訓練校は二俣川にあり情報メカトロニクスだったかそんな感じの科目を選んだ。
    元々プログラミングに興味がありその道に進んだのだけどその科目は基盤に半田コテ付けしたり
    CADやったりアセンブラやCをやったりと多様な事をやっていた。
    生徒は9割くらいはやる気がなく残り1割程度が熱心に勉強をしていた。
    その1割に私も入っていた。

    その学年の生徒の中では上位の成績だったものの卒業後は進路に迷い
    結局バイト暮らしを始めたのだった。
    特にやりたい事もなく2年ほどバイト生活をしていたけどバイト生活でパソコンを買い
    独学で勉強をしているうちにプログラマーになってみたくなり思い切ってシステム開発を
    やっている会社に面接に行った。
    面接には落ちた。
    けど折角なので当時独学でやってて分からなかった点があったのでそこを質問メールしてみた。
    するとそれがきっかけとなりアルバイトとして採用される事になった。
    そしてほどなくアルバイトから正社員へと採用される。
    こうしてその後10年以上に及ぶプログラマー生活が始まる事になる。

    更新日:2016年9月1日コメントする(0)

  • 大阪へ(2009年11月|35歳)

    2009年、10年以上所属していた東京の会社を辞めた。
    IT業界では10年というのは結構長い方でキャリアアップのため
    5年程度で転職する人は少なくはない。

    辞めた理由は会社が社員として維持するだけの力がなくなってきたからかな。
    その会社は能力によって給料が決まるのではなく年功序列と言わんばかりに
    勤続年数によって給料がアップしていった。
    けど仕事自体はコンスタントにある訳ではなく仕事がない時期が続いて
    社員ではなくアルバイトなり契約社員に変更したいという申し出を受けて
    それなら辞めるって事で辞めた。

    私が入社した頃は元々は受注開発がメインだった。
    それが入社から程なくして派遣へと切り替わっていった。
    派遣というものはある程度の期間派遣されてその間は会社には安定した収入が
    もたらされるもののプロジェクトが終了すると派遣契約も終了する。
    派遣メインの業務形態になると派遣契約が終了した時に次の派遣先が決まるまでは
    会社には収入が入ってこなくなる。
    派遣先が決まるまで特に仕事らしい仕事はないのだけどそれでも会社は
    正社員として雇っているので給料は払い続けなければならない。
    年功序列で年齢に応じて給料も上がると段々ベテランを維持するのが難しくなるのでしょうね。
    だから正社員という形態をやめたいというのが会社の意向だったのだと思う。

    それに対して私は退職という答えを出した。
    そこまでしてしがみつかなくてもいいかなと。
    そして無職になった。
    次の就職先を決める前に辞めちゃったから何も決まっていなかった。

    私は大阪に行った。
    何故突然大阪に行ったかというと、それは地震が怖いという理由だったりする。
    当時大きな地震が近いうち来る近いうちくると騒がれていて
    それでもほとんどの人は東京から出る事はなかった。
    いざ地震がきたら死んでしまうかもしれないというリスクがあるにも関わらず
    みんな実際に地震が来るまではそんな事は頭の片隅からなくなっているかのようだ。
    地震が来た時に後悔してももう遅い。それでも人は東京から離れない。

    地震が怖いから大阪に行った、っていうとみんな笑う。
    けど、大阪に行った数年後東北地震が起こった。
    東京の被害はそんなになかったけど東京だっていつ巨大地震が発生するかもわからない。
    だから安全なうちに危険を避けるのはそんなにおかしい事ではないと思う。
    とはいえ、実は大阪も安全という訳ではないという事は後でわかったことだったりする。

    大阪ではマンスリーマンションを借りて就職活動を行った。
    就職活動は失敗した。
    といっても面接を受けたの1社くらいだったのだけど。
    引っ込み思案で面接も受けると決めるまで時間がかかり
    面接を受けても有効なアピールもできなかったので就職できそうもなかった。
    マンスリーマンションに引きこもり悶々とした日を過ごしていた。
    このままではダメだと思い、派遣会社に登録をした。
    正直まともな仕事がくるとは思っていなかったけど予想に反しまともな仕事がきたのであった。

    更新日:2016年8月30日コメントする(0)

  • 派遣(2010年3月18日|36歳)

    派遣登録していた会社の紹介で派遣会社が決まった。
    貯金も大分減っていたので渡りに船といったところかな。

    今までのJava経験を活かす事が出来る案件だった。
    プロジェクトは3か月程度と納期が短く炎上した。
    それでも出来上がった部分もあったので出来ている部分はリリースした。
    リリース後プロジェクトチームはほぼ解散となった。

    普通であれば私も契約切れとなりまた別案件待ちとなるところだったけど
    私は残ってリリースした物件の保守をする事になった。
    というのはたまたまこの案件に入るのがフレームワーク構築というポジションで
    入る事になったからであり、その延長で業務アプリの保守も兼ねる事になったからであった。

    幸か不幸か技術的にマイナーなものを用いておりその技術は誰にも引き継ぐ事が出来ず
    契約は長い事延長される事になった。

    更新日:2016年8月30日コメントする(0)

  • 個人事業主(2012年12月10日|38歳)

    ひょんな事から個人事業主になった。

    当時私はとある手術の為資金が必要だった。
    派遣先の会社の社員がそれを聞いて個人事業主になってみたら?
    と言ってきたのでそれに乗ってみた。

    ほんとはそういうのルール違反(派遣元からみたら独立した時点で派遣での利益がなくなるから気分はよくない)らしいのだけど
    派遣元とも話をして特に揉める事もなく個人事業主となり
    派遣先と直接契約をする事が出来た。

    派遣の時も時給は高かったけど個人事業主になると更に上がった。
    個人事業主、素晴らしい。

    更新日:2016年8月30日コメントする(0)

  • SRS(2013年10月10日|39歳)

    タイのヤンヒー病院でSRSを受けた。

    10月9日が誕生日だったのでもう1日ずれていればよかったな~
    ともあれもう1つの誕生日とも言える記念すべき日です。

    更新日:2016年8月30日コメントする(0)

  • 初カレ(2015年10月9日|41歳)

    初めて彼氏ができた。
    この年になってやっとだけど色々あったからね。

    お相手は同じ職場の同じ年の人。
    ちょっと前に告白されてOKの返事を出したのがこの日。
    その人とは4年くらいは同じ職場、同じ部署で仕事をしていたけど
    告白をするちょっと前くらいになって急に意識するようになったのだとか。

    告白後1年程度は返事を待つよって言われてその間
    相性を探って相性がよさそうだったのでOKした。

    更新日:2016年8月30日コメントする(0)