navajoさんが最近登録した自分史(経年順)

  • あの頃は(1935年10月12日|0歳)
    navajo

    今では原子力第一発電所で有名になったが、当時はあまり知られない福島県

    信夫郡野田村大字笹木野字原端11-8番地。

    これが私の生まれた土地の住所である。昭和10年10月12日の事である。

    当時は「生めよ増やせよ!」の時代であり、我が家も八人兄弟の末っ子だ!

    11月3日が父親の命日であるから、親父に抱かれて記憶は無い。

    たった22日のお付き合いで父親の存在はなくなった・・・・

    八人の子持ちで未亡人になった母親の暮らしは、文字通りの「赤貧」以外のナ

    ニモノデモナイ!よくも生きてこられたものである。

    振り返れば、母親の偉大さだけが脳裏に残ります、生んでくれて有難う!

    更新日:2013年5月27日コメントする(1)

  • 父親の命日(1935年11月3日|0歳)

    軍国主義が盛んだった当事、村の郵便局長だった父親が子供を八人も生ませて早々とこの世を去って逝った。自分勝手なオヤジと怨んだが
    自分が年配になってからは、死にたくて死んだ訳じゃなし!
    本人も幼子を残して死ぬのは残念だったのであろうと考える様に・・
    ある日母親に、「自分だけ勝手に死んだオヤジは卑怯者だ」!と言ったことがあるのだが、母親は「お前には父親の批判をする資格は無い」とキッパリ宣言され、改めて母親の偉大さを認識したものだ。

    その後の貧乏生活は、言語に絶するものであったが今では懐かしい?

    更新日:2013年5月30日コメントする(0)

  • 特別調達庁(1952年1月10日|17歳)

    戦後進駐軍の調達要請に答えるため、特別調達庁が開設され米軍の建設重機の払い下げ、米軍施設の工事を担当していた建設機械直営課が民営移管を決定したので、当社が落札し王子モータープールに移動。

    更新日:2013年6月2日コメントする(0)

  • 建設機械の輸入(1952年6月|17歳)

    日本開発銀行・日本興行銀行・日本勧業銀行の強調融資により、米国からワゴンドリル・レックスポンプクリート・ロータリーコンプレッサー・国産ドラグライン・ダンプトラックを購入した。

    更新日:2013年6月2日コメントする(0)

  • CAT D8.D7輸入(1952年9月|17歳)

    日銀の外貨貸付許可により、米国キャタピラーのD7wo7台・D8を11台新規購入した。

    更新日:2013年6月2日コメントする(0)

  • 米軍払い下げ中古重機(1954年3月|19歳)

    硫黄島やグアム・沖縄上陸作戦に参加した重機を29台入手。

    保有する機械は170台に達した。

    更新日:2013年6月2日コメントする(0)

  • 臨時採用試験(1954年3月1日|19歳)

    昭和26年に創業した「半官半民」の日本国土開発(株)に押しかけ入社。

    家出同然なので、その日の宿にも困っていた当時・・・

    建設機械の運転作業員として、未経験なのに経験者と偽って助手工員に

    なったのだが、当時の日給は240円世間では「2コ4」と呼ばれていた。

    それでも社員寮に入居が出来て、東京での第一歩は確保されたのである。

    更新日:2013年5月28日コメントする(0)

  • 米軍羽田航空基地(1954年3月8日|19歳)
    navajo

    当時の羽田空港は、米陸軍の航空基地であり滑走路の近くには、日本陸軍の戦車が埋められていた。
    我々はA滑走路の下にアンダーパスを造成する工事に従事した。
    社会人初の見習い工で、機械の運転も下手な新入社員でした。

    更新日:2013年5月31日コメントする(0)

  • 土方人生の出発点(1954年3月10日|19歳)
    navajo

    福島高校の卒業式にも出席せずに、家出同然で上京した身にはまるで浮浪児のような身分でした。4月から正式に養成システムが発足する予定だったが、待ち切れずに経験者として臨時募集の枠内で採用??
    早速「見習い工」として当時の「米陸軍羽田航空基地」に派遣された。

    https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0Ag9H5DVj0A9cdFk0SGNHenRsbm1SSnJsUVlORXpuV1E#gid=0

    更新日:2013年6月11日コメントする(0)

  • 新田原航空基地(1957年2月|22歳)

    旧日本陸軍の飛行場を拡張・増設して、やがてはジェット戦闘機が発着出来るように、地崎工業の下請けで造成工事に参加。

    基地建設反対運動が勃発して、警官隊が出動する騒ぎに!

    更新日:2013年5月31日コメントする(0)

  • 横須賀火力発電所(1957年2月|22歳)

    三浦半島の先端久里浜海岸に、鹿島・西松・日本国土開発で造成工事

    凝灰質頁岩、総土量190万m3、当社は日本で初のリッパー工法を採用し、無発破施工を実施し成功した。

    更新日:2013年6月2日コメントする(0)