年別アーカイブ

  • 1973年(1件)
  • 1974年(1件)
  • 1975年(0件)
  • 1976年(2件)
  • 1977年(0件)
  • 1978年(0件)
  • 1979年(2件)
  •  
  • 1980年(1件)
  • 1981年(2件)
  • 1982年(0件)
  • 1983年(0件)
  • 1984年(0件)
  • 1985年(0件)
  • 1986年(0件)
  • 1987年(0件)
  • 1988年(0件)
  • 1989年(0件)
  •  
  • 1990年(0件)
  • 1991年(0件)
  • 1992年(0件)
  • 1993年(0件)
  • 1994年(0件)
  • 1995年(0件)
  • 1996年(0件)
  • 1997年(0件)
  • 1998年(0件)
  • 1999年(0件)
  •  
  • 2000年(0件)
  • 2001年(0件)
  • 2002年(0件)
  • 2003年(0件)
  • 2004年(0件)
  • 2005年(0件)
  • 2006年(0件)
  • 2007年(0件)
  • 2008年(0件)
  • 2009年(0件)
  •  
  • 2010年(0件)
  • 2011年(0件)
  • 2012年(0件)
  • 2013年(0件)
  • 2014年(0件)
  • 2015年(0件)
  • 2016年(0件)
  • 2017年(0件)

お気に入りメンバー

[PR]
自費出版 図書印刷同朋舎

umiさんが最近登録した自分史(経年順)

  • 誕生しました。(1973年12月24日|0歳)

    生まれたばかりの時の写真は見たことがないあたし。
    あるけどみなかっただけなのか?
    遠い昔なのでカメラがなかった??
    まあただ大雪だったってのは聞いたかもなぁ。
    そういえば、あまり親と
    自分の出生時の話をしたことがなかったなぁ。

    更新日:2013年3月21日コメントする(0)

  • 両親離婚?(1974年3月|1歳)

    あまり聞いたことがないけれど、

    誕生日すぎに父親が私の為に凧をあげた
    というのをチラッときいたから

    これぐらいに離婚してるんじゃないかな?

    何で凧?って感じだけど
    男の子として育ったのか??

    私の母は破天荒な人なので結婚もしていたか否や。
    その時代には珍しく未婚の母?

    生まれたからと修復のきっかけで
    父親に連絡したら凧を揚げてくれたのか??

    別れた理由は父親が大阪に
    働きに行くといったからって事だったけど。

    母は自分が生まれ育った九州の土地を離れられなかったのか?
    それともただそれが理由で離れたと取り繕っているのか?

    まったくわからない。

    祖母に私の父の事をきくと。
    私の父はしょうもない人間だった。とのこと。

    しょうもないって・・・
    あたしはその血受け継いでいるんだけどね。

    私からしてみたら、ステップファザーは
    間違いなくしょうもない人間だとおもう。

    公務員で、勤続年数と試験に受かれば誰でも上に上がれる仕事。
    それで上れるところまで上った人。

    定年退職した今は、
    不登校児が通う施設で館長をしている。

    世間体だけを重んじる人で、家族の事なんて考えない人。
    私の女の感だけど、ステップファザーは
    幾度となく浮気をしてると思うわ。

    あたしの父親はこれよりサイテーな父だってことなのかね?

    そういえば、私の父は
    自動車整備工場で整備士をしていたと聞いたな。

    手に職があるってことじゃんね。

    自動車整備士の免許というのがあるのかどうか知らないけど
    海外にいってもすぐ働ける。

    ニュージーランドとかオーストラリアは
    日本と同じで左斜線だし車も何十年も前の日本車が
    沢山走っているからすごく重宝されるし起業もすぐできる。

    私の父の家柄はそれなりに良かったみたいだし。
    一緒に海外に行って起業でもしたと思うわ。

    とはいえ、今の私は居ないはずだけれどね。

    更新日:2013年3月21日コメントする(0)

  • 妹誕生(1976年1月21日|3歳)

    妹が誕生した。

    子供はおなかの中に10ヶ月滞在して生まれるわけで、
    75年の4月にはおなかに入ったはず。

    ステップファザーの誕生日は4月16日だから
    まあそこらへんだろうと思う。

    当時24歳の誕生日だったんじゃないかな。

    そういや、あたしが24歳になったときに
    しみじみいい年だっていってたから、

    妹妊娠そして結婚の流れその周辺の動きなど
    回想してたんじゃないかしらね。きもい。

    話はもどり、1歳3ヶ月くらいにおなかに入ったってことか。

    更新日:2013年3月21日コメントする(0)

  • 九州→兵庫県へ引越し(1976年3月21日|3歳)

    妹が生まれてちょうど3ヶ月が経った頃、

    ちょうどステップファザーの教育実習がおわり
    神戸に勤務が決まったのを機に

    兵庫県へ引越しした。

    それと同時に私は風疹にかかったそうで
    兵庫県へ引っ越したと同時に小児科に行ったそう。

    母いわく神戸の言葉(関西弁?)が怖かったとのこと
    怖くもなんともないのにね。

    まあ、うちの母は27歳?27歳ちゃいい大人なのに
    破天荒な母のことなので餓鬼だったのだろう。

    更新日:2013年3月21日コメントする(0)

  • 幼稚園入園(1979年4月1日|6歳)

    私は年長さんしか行ってない。

    お寺さんがやっている幼稚園で
    年長はバラ組みと私がいたモモ組みがあった。

    担任は立木先生という女性。すごく意地悪な先生だった。

    一番印象に残っていることは

    冬は牛乳を入れたやかんをストーブで
    温める園?クラス?だった。

    一人ずつコップを持って先生に貰いに行くわけ。

    である日の給食の時私は担任の近くに座っていたので
    立たずにコップだけ上げていたら

    『横着な子ねえ。』っていわれた。

    また、お雛様になる前のい2月頃にみんなで折り紙つかって
    めびなとおびなを作り色紙に貼ったものを作ったとき。

    私たちが作っているのは着物の部分で
    あとから顔をくっつける感じのものを作っていたらしいけど

    わからなかった私はちょうど首のところに顔を書くものだと
    勝手に思い本来なら襟元になるところを広めに折ったわけ

    そしたら、先生がそれをクラスのみんなの前に
    さらそうとしていた雰囲気をさっした
    私はさらされないように取り返そうと思ったけど

    私が取れないように手を高く上げていった。
    しかもにやつきながら。

    そして、こう言い放った。

    『これは悪い例です。みんなも気をつけてね』と。

    その頃は6歳になっていたと思うけど
    6歳といったらそれなりに分別わかるとしになっているし

    意地悪をされたとか恥をかかされたとかしっかりわかる年。

    ずる賢い子だったら、隣のクラスというか隣の担任にも
    聞こえるようにでかい声で泣いて訴えてたりしたかと思うけど

    なすすべもわからず、あまり感情を外に出せなかった私は
    ただぐっと我慢していたのを思い出す。

    私はステップファザーが教育実習を終え
    本勤務の為に福岡を希望したようで

    神戸から福岡へ転勤となったわけだけど
    たしか幼稚園の卒園式前の2月いっぱいで園を辞めたはず。

    それから3月に引越ししたんじゃなかったけな?

    更新日:2013年3月21日コメントする(0)

  • 初ちゅうw(1979年10月|6歳)

    時期はあまり覚えてないけど、
    たぶん幼稚園には入っていたはずなんだよね。

    なんだか当時住んでいた二階建てアパートの横に
    広場があって、そこに布団干しをおいて
    布団を干していたり、物干し台を置いて
    洗濯物を干している家庭があった。

    ある日そこに布団を干してある日があったのだけど、
    私はまだ背も低い頃だから余裕で隠れたよねw

    で同級生の男の子がそこで
    いきなりチュウをしてきたんよねw

    その当時はまだステップファザーの
    ほっぺたにチューをしていた時期やったから

    特にパニックになることもなく
    なんだ??と思っていただけやった((*´∀`))ケラケラ

    それから、私が出かけるときに

    その男の子から『○○ちゃん待って~』
    と呼び止められたので

    振り返ったらばその子が走って私のとこにきて
    抱きしめてちゅってした。しかも母親の前でΣΣ(゜д゜lll)ガガーン!!

    母親が『ちゅってされたやん♡』とちゃかすから私は
    『違うわこれは』と言った記憶が。

    ってかなんてませた男の子だったのかしら。

    あのまま引越しもせずに神戸にいたら、
    もしかしたら付き合ったりとかもあったかな?

    少なくとも悪友としてずっとその子と一緒にいたと思う。



    更新日:2013年3月21日コメントする(0)

  • 小学校入学(1980年4月|7歳)

    おとなしい子供だった。

    何されても言い返したりできなくて黙っていたから
    案外いじめの対象だったかもな。

    けど、いじめられそうな雰囲気だったけど
    いわゆるいじめ。という感じではなかったのかも。

    関西弁をはなしていたとおもう。

    そうなん?とか~やんか。とか言っていた記憶が。
    まりちゃんという子が私とよく遊んでくれてた。

    あと園田君って子や堀川くん??

    大久保さんって子がいじめっこな女の子だったかも?
    色違いのワンピースを持っていた。

    私は赤で彼女は緑色。

    スウェーデンの人が着るような
    タータンチェックなワンピース。

    彼女とは中学校で私から声をかけて友達になった。

    小3のとき小学校が二つにわかれて
    私は新しい小学校のほうになった。

    それと同時に今の実家へ新居を建てたステップファザーと母親。

    まあ、妹が小学校入学と同時に建てた感じ。

    今思うとステップファーザーにとって
    やはりあたしは母親の連れ子でいつまでも連れ子扱いよね。

    養子縁組したからといって親子になるわけではないけど

    書面上で実親子と同じ扱いになるので財産も
    他の子供たち同様に均等に分けられるという取り決め。

    話をもどして、学校が変わってまりちゃんとの交流はなくなり
    かおりちゃんという新しい友達ができ、少しの間遊んでいたかな?

    それからみつえちゃん?そしてじゅんこちゃん。
    じゅんこちゃんは転校生で
    あたしとみつえちゃんの中に割って入ってきた人。

    結局みつえちゃんはじゅんこちゃんとあそぶようになり
    あたしはしばらく一人で寂しくすごしていた。

    そしたらクラスメイトのともこちゃんという姉御肌の子が
    声かけて友達になった。

    ともこちゃんってば、じゅんこちゃんに
    『あんたが入ってきたからumiが悲しい思いをするとよ!』
    といった気が。

    それからはるなちゃん?だったっけ?
    そのことチラッと仲良くなり。

    そのあとは今の学中友のいまちゃん。みかちゃん。

    そういえば、たけひとくんって子に恋をしたなあw




    更新日:2013年3月21日コメントする(0)

  • 家庭訪問(1981年4月|8歳)

    印象に残っているのは二年生のころ?1年生のころ?
    どちらか記憶にはないけれど、
    田淵先生が家庭訪問に来たのを覚えている。

    なぜ印象に残っているかというと、

    家庭訪問に行くときに同じ日の子達も一緒に周ってたんだったけな?
    で私の順番で私の家にいったわけだけど
    外で走り回って友達たちと遊んでいたわけさ。
    走り回るからそらあ楽しいし笑うよね

    それを担任の先生がみてうちの母に
    『良かった笑ってますね。学校じゃまったく笑わないので』
    といっていたのが聞こえてきたのよ。

    ってかさ、授業中に笑う?普通?笑わんよね。
    中休みとか昼休みとかは外で走り回ってあそんどったんやけどね?

    そのときは普通に笑っていたはずやけど??

    でもさ自分の事客観的に見れる年でもないし
    それは定かではないけどなぁ。

    更新日:2013年3月27日コメントする(0)

  • 下校班がいや(1981年7月|8歳)

    下校班があったけど、私いれて5人。
    そうなると。他2人ずつが並んで返って私は1人で
    しかも後ろからついて帰るってかんじやった。
    それがものすごくいやだった。
    だから、他の友達と帰ってきたけど
    その友達以外誰も理解しなかったってか
    その問題に気がつきもしなかったわけよ。
    嫌だったら先生とか少なくとも親に言えばよかったけど
    私の中ではそれは考えもつかないことで言わなかった。
    ってか自分の中で言ったらいかん。我慢セナってのがあったけん
    いわんやったわけど
    小さい頃おねえちゃんでしょ我慢しなさいって何度も何度も
    言われて育てられたんだと思うわ。
    まあ佐賀の祖母が2歳くらいまで私を育てたわけやけど
    ばあちゃん自体が変わった人だから・・・
    その問題はどうなったか覚えてない。
    私がとにかくだんまりで何にも言わなかったってか
    言えなかったのを思い出す。
    床の記憶しかないけん、ずっと下向いていたんやろうね・・・
    誰か大人が入ったんだっけ?ちょっと思い出さんけど
    その同じ下校班の山下絹子って子が誰かに何か言われて
    『後ろからついて来るって感じよ。』って答えたのだけ覚えとるわ。
    私は何も言わんやったけど心のなかで
    『けっ!そうやろ?だけん一緒に帰りたくないんよ』
    と思ったのを思い出す。

    更新日:2013年3月27日コメントする(0)